相続の厄介な手続きは専門家に依頼するとスムーズになる

メンズ

就業規則を整備する為に

説明

頼れる専門家

会社が労務管理を行う上で、就業規則の整備は極めて優先順位の高い事項です。就業規則とは会社が従業員を雇用する上で従業員に守ってもらう事項が網羅された、いわゆるルールブックのことです。会社が従業員に対して義務を課したリ、従業員に対して何かしらの権限を行使する場合は全て就業規則に記載をしておく必要があります。実際、就業規則の不備が元で労使間トラブルが発生したという事例は、ここ横浜市をはじめ日本中で多くみられます。従業員との間でトラブルが起こらないようにするためには、就業規則を整える必要があります。しかし、自社の人事総務部門だけでは不安であるという声が、横浜市の中小企業を中心に多くあがっているのが現状です。そんな時に頼りになる存在が、労働法令や社会保険関係法令の専門家である社労士の存在です。企業の労務管理は社労士の主要な業務の一つであり、就業規則作成や見直しも得意としております。また、横浜市内の社労士の中には就業規則関連業務のみを取り扱う者も少なくありませんし、そのような社労士の多くが同じ横浜市内の弁護士と提携し、労働トラブルを未然に防止できるような体制をとっております。横浜市内には就業規則自体持っていないという企業は少ないものの、定期的な見直しが行われていない為に、規定上の抜けや漏れが多いというケースが非常に多く存在します。そのような場合は社労士に就業規則の見直しを依頼し、作り替えてもらうことがベターです。今日、多くの社労士が企業を守る為の就業規則作りを行なっています。