相続の厄介な手続きは専門家に依頼するとスムーズになる

男女

依頼する人は増加傾向

税理士事務所を利用する人は増加傾向にあります。特に起業ブームの新宿では、新たな事業主が税理士事務所へ依頼するという例が多いです。税務業務は個人で行うと大変なので、税理士事務所に依頼しましょう。

遺産継承に必要な書類

説明

遺産継承に必要な書類とは

相続が発生すると必要な書類がありますが、具体的に何が必要なのかが分からない方が多いことと思います。そこで、手続きの際に必要となる書類を説明します。まず、亡くなられた方の書類として戸籍謄本、住民票の除票・もしくは戸籍の附票の除票が必要になります。戸籍謄本は相続人を確定させるために必要となる書類です。そのため、出生から死亡までのものが日長になり、転籍は婚姻をしている場合は転籍前や婚姻前の本籍地所在地で除籍謄本や改正原戸籍を取得する必要があります。転籍を繰り返していた方は遡って調べるのが難しい場合もあります。そんな時は弁護士や司法書士に手続きをしてもらえるよう依頼するのも一つの手です。そして、相続を受ける側が提出する書類として必要なのが、法定相続人全員の戸籍謄本、財産をもらい受ける人の住民票・印鑑証明です。遺言書がある場合、遺言書、遺言書が公正証書遺言でない場合には遺言書の検認調書もしくは検認済証明書が必要です。遺言書がない場合は遺産分割協議書を作成することになります。ただし、相続人が1人の場合は不要です。また、家庭裁判所の調停・審判を経ての相続の場合、家庭裁判所の調停調書謄本もしくは審判書謄本が必要です。相続の対象となる財産についての書類としては、財産の種類によりますが、不動産の場合には不動産登記簿謄本・固定資産評価証明書、金融財産の場合は金融機関ごとの残高証明書などがあります。きちんと相続を行うということはなくなられた方の遺志を引き継ぐということでもあるので、きちんと受け取りたいものです。そのためにもいざ手続き開始という時に困らないように、事前に手続きに必要な書類を事前に確認しておきたいものです。そして、困った時には弁護士・司法書士などの専門家に相談することも重要です。

就業規則を整備する為に

就業規則の整備は会社が労務管理を行う上で重要なことです。しかし、自社のスタッフだけで就業規則の整備を行うことに不安を感じるという声が、横浜市内の中小企業を中心に多くあがっています。そのような場合、労務管理の専門家である社労士のサポートを受けることが有効です。

過払いを依頼するにあたり

過払い金請求は、消費者金融やクレジットカード会社からグレーゾーン金利で借りていた分の返還を求めるものです。弁護士や司法書士に依頼をするケースが一般的ですが、東京・千葉の関東圏ではニーズも多くまた専門に扱っている事務所もありますので、まずは一度相談してみる事をお勧めします。